お問合せメールはこちら
カネジュウ農園株式会社

深蒸し煎茶

深蒸し煎茶 普通煎茶に比べて約2倍長い時間をかけて茶葉を蒸して作ったお茶を「深蒸し煎茶」と言います。普通煎茶よりも茶葉が細かく小さくなりますが、お茶の水色は濃い緑色となります。味は濃厚で苦渋が少ないまろやかな味わいです。
深蒸し煎茶は昭和30年代に牧之原で生産が始まったと言われています。
カネジュウの深蒸し煎茶は、新鮮味を失わないように心がけて製造するため、飲んだ際の爽やかさを最大限引き出しています。

美味しい煎れ方

少し冷ました80度くらいのお湯を注いで40秒ほどで、深蒸し煎茶のおいしさが抽出されます。
 

  1. 茶碗を温める
    沸騰したお湯を人数分の茶碗に注ぎます。
     
  2. 茶葉を入れる!
    急須に1〜2人3g、3名以上5gくらいを目安に茶葉を入れます。
     
  3. 3〜40秒待つ
    急須に1の茶碗のお湯を注ぎます。その後急須の蓋をして40秒待ちます。
     
  4. 茶碗に注ぐ
    注ぎ方は「廻し注ぎ」と言い、それぞれの茶碗の濃さや量が均一になるように順番に何回にも分けて注ぎます。
    注:急須は揺らさず、静かに茶碗に注いでください。最後の一滴が重要です!

     
  5. 蓋を開けておく
    注ぎ終えたら中の茶葉が蒸れないように急須の蓋を少し開けて置きます。
    そうすることで3煎目までおいしく頂けます。

ページ上へ