お問合せメールはこちら
カネジュウ農園株式会社

愛情こめて育てた茶葉の新鮮な美味しさをお届けできるよう速やかに、丁寧に加工。加工管理は一貫して熟練の茶師達が行い、デリケートなお茶の味をより高め、品質を保つための努力をしています。カネジュウの緑茶は、鮮度が活きた爽やかな味と評価を得ています。

荒茶製造工程

1.摘採(茶摘み)

一番茶初期の上級煎茶は手摘み

その後は機械による摘採で行います。新芽が極めて柔らかい時期に摘採する事で甘みを強く感じられる煎茶が製造できます。

2.送風・加湿

鮮度を保ち、劣化を防止します

生葉は呼吸により熱を発生する為、厚く積み上げた状態にしておくと生葉の温度が上昇し、品質の劣化につながります。専用のコンテナで送風、加湿をしながら保管し、なるべく早く製造する事が重要です。

3.蒸す・冷却

蒸し方技術が味を左右します

生葉を高温の蒸気で蒸す工程で、茶葉の酵素を失活させる事と、生葉に含まれる青臭や悪臭を除去し、茶葉の柔軟性を増大させ、以後の工程においての揉み作業を容易にする事が目的。

4.粗揉 

茶葉を揉む

茶葉を熱風の中で撹拌・揉圧することで茶葉の中の水分を均一に能率よく蒸発させる工程。粗揉機の中は茶葉を揉み込む「揉み手」と茶葉を散らす「葉ざらい」が回転する構造になっています。

5.揉捻

茎の水分をとります

葉の部分に比べて乾燥しにくい茎や葉柄部分を熱を加えずに十分に揉んで水分を揉み出し、茶葉全体の水分を均一にする事と、形を整える事が目的。

6.精揉

茶葉の形を整えます

茶葉内部の水分を揉みながら乾燥させ、形状を整えて針状に整形する工程。手揉みの要素を取り入れた巧妙な動きをする構造を持つ機械。

7.乾燥

保存性を高めます

精揉を終えた茶葉は水分を含んでいるので乾燥機を使用し、貯蔵性を持たせる為に乾燥を更に進める工程。

荒茶の完成

荒茶とは、葉・茎・粉が混ざった製造途中のお茶です。一環して製造管理する茶師が、形、色、香り…と品質を確認いたします。

荒茶は、茶問屋さんに卸して地域の茶農家のお茶とブレンドされ、製品化されますが、カネジュウでは自社の荒茶だけを仕上げし、お客様へお届けします。

自社仕上げ工場へ



美味しく飲んでいただくために、荒茶からの仕上げ工程が必要です。クリーンルームを完備した衛生的な自社仕上げ工場で最後の発送まで心を込めて一貫して行っております。

産地茶問屋様へ出荷



製造された荒茶は速やかに梱包(30kg)し、出荷します。
完成した荒茶はすぐに産地茶問屋へ配送され、仕上げ工程を経て煎茶となります。

仕上げ工程

総合仕上げ

1.総合仕上げ

形を整えます
完成した荒茶は、形が大小様々です。
その荒茶をふるいにかけて選別し、
大きい物を切断することで形を整えます。

唐箕(とうみ)

2.唐箕(とうみ)

選別します
唐形を整えた茶葉には軽い部分(トビ)が含まれています。その軽いトビを風によって選別します。

火入れ

3.火入れ

香りと保存性を高めます
高熱で加熱することで、荒茶を更に乾燥させ、貯蔵できるようにし、特有の香ばしい香りをつけることでお茶に特徴をつけます。

選別

4.選別

さらに選別します
火入れした茶葉を葉の部分と茎の部分に選別する行程です。

選別

5.袋詰め

心を込めて…
清潔な袋詰め作業場で心を込めて袋詰めします。商品により真空パックまたは乾燥剤を入れることで保存性を高めるようにしています。

お客様のお手元へ

ページ上へ